豚がウケるww

千と千尋の神隠しの好きなところといえば、まず雰囲気です。

そして、普通の少女が強い気持ちを持って行動していく姿にも共感を覚えます。

大人になると、自分の意思を持って行動していくのは当たり前ではありますし、あまりいい加減なことばかりしていると社会から弾かれてしまいます。

でも子供は今のことと大事なものだけをまっすぐに思うので清々しいのです。

男の子は冒険心をいっつも胸に秘めてるイメージだから、映画にしてもあまりギャップを感じないのですが、女の子はもっと複雑でいろんなことを考えがちなので、子供がたくましいのを見ると応援する気持ちがポッと湧きますね( ´ ▽ ` )

親に常に守られ、か細いはずの子供が一生懸命に頑張ると仲間が増えて大きな力になっていろんなことに挑戦できるようになるのです。

現実にはそううまくばかりいくことはないですし、すっきりしないことの方が多いですが、このアニメではそうしたことを忘れるほどです。

さらに、忘れるべくもないのが、うじゃうじゃいる魑魅魍魎。

グロい妖怪は、魅力的。

カオナシも嫌われキャラではありますが、誰でも少しは持っている嫌な心を濃縮したようなものだと思うと少し面白いような気がします。

嫉妬深くて、強引!
でもでも!!後半で小さくなっていくところは可愛らしいじゃあーりませんか(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

釜爺は、まさにクモですよね??
頼もしいおじいさんでこんな人がいると面白いなー。

その一方で、ハク少年は人の時間もいっぱい。
常に助けてくれる、ヒーローみたいな立ち位置。

いわゆる二枚目。
でもでも中身のないカッコつけではないので、嫌味には感じないなー!

そんな少年は珍しいというか、現実にはいないだろうなあって気がするのですが、このストーリーにはさらりと溶け込んでますね。

正体はもっと現実離れしていたりもするので納得のキャラクターです。

主人公の千尋は一般人だけれど、そんな現実離れした生き物と渡り合っていくのでまた面白みが増していきます。

初めは、自身もどうにかされるかもとビクビクしてる気もするのですが、そこも共感ポイント。

両親が豚に変わるのは滑稽ながらも絶望が湧いたし、物語の入り口で先が読めない所だが、何かを象徴しているようでおぞましくもシニカルです。

千尋の反応で笑えるよねww
その先グロテスクな展開が待っていそうでスリリング!

マジ、あの豚は醜すぎてウケるww

高温多湿な環境

例えホール内の温度湿度調整がうまくて来ていると解っていても、気分的に音楽を演奏したり聴いたりという気が起こりにくいのかもしれないし、練習するのは肉体的にもきついのかもしれない。

なので、本邦初演の委嘱作品などをやるよりは、普段よりはもっとリラックスしたルロイ・アンダーソン等の音楽を演奏するのかもしれない。
もっとも、それはそれで、普段、演目に入ってこない楽しい趣向である。

タングルウッド音楽祭なんかは、ボストン郊外のタングルウッドの野外ステージにオーケストラが陣取り、客は芝の上に寝転がってクラシック音楽を聴いている。
そうそう、5月ミラクリニック脱毛予約を過ぎれば音楽祭なども行われるところも多い。

別府アルゲリッチ音楽祭なども5月だ。
最初、この話が決まるとき、仕掛け人の通訳がアルゲリッチに地図を見ながらこう言ったそうだ。

「別府はあちらこちらに温泉があって、まさに天国みたいなところですよ。」同じ地図を見ながら、アルゲリッチはこう言ったという。
「でも、至る所に地獄があるみたいですよ。」(別府で温泉は地獄と言われるので)という笑い話がある。

7月には始まり、8月には松本でセイジオザワ松本フェスティバルが始まる。
日本はこんなにもクラシック音楽にとって、非常に魅力的な土地なのである。

オーケストラの花形

弦楽器だとヴァイオリン、木管楽器だとフルートやオーボエ、金管楽器だとトランペットあたりでしょうか。
高音域で音が大きい楽器は何かと目立ちますし、憧れる人が多いというもの。

しかし、中にはあまり日の目を見ない楽器もあるわけです。
それがファゴットです。

低音でもチェロやコントラバスといった前面に配置されている楽器であれば、ステージからでもその演奏ぶりは伺えます。
しかし、ファゴットは弦楽器の後ろ。

そしてトロンボーンの前に配置されているので、トロンボーンの音に隠されて、全体がフォルテで演奏していると、もはや何を吹いているのか分からないありさま。
でも、そんなファゴットに是非注目してほしいんです。

名前さえ知らないという方が多いと思いますが、クラシックでファゴットが活躍している曲はたくさんあるんです。

例えば、ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」。
この中に子守唄という曲があるのですが、ファゴットが珍しくソロで吹いている曲です。

ゆっくりなテンポに、ファゴットの不思議な音色が加わって、本当に眠くなりそうな曲です。

ブラームスの「大学祝典序曲」では、曲中盤に1stファゴットと2ndファゴットが軽快な8分音符を刻んでいます。

このフレーズは曲の切り替え部分であり、ファゴットのデュエットが終わった後に今度は全体でそのメロディーを演奏するという流れになるので、決まるとものすごく格好良い場面です。

第2楽章はゆったりしていて明るい響き。

こころ弾む感じです。
手首の動きがやわらかくてなめらかで。
この人の手の動き、ずーーっと見ていられます。

第3楽章はガラリと雰囲気が変わり、怒涛の演奏とでも言いましょうか。
男性が演奏しているのかと思うくらいの力強さ。
でも雑じゃない。
音のグラデーションがきれい。
圧倒されっぱなしの演奏です。

再生回数が尋常じゃないのも頷けます。
この動画を見てからというもの、すっかりファンになってしまい、暇を見つけてはいろいろな演奏動画を日々見ています。

その中でも変わり種・・というか私的に面白いと思ったのが、ベートーヴェンピアノソナタ〈テンペスト〉第3楽章を演奏している動画です。

これが、胸のあたりに取り付けたカメラで、演奏する手元を映しているのですがこれもすごいです。
ピアニスト目線で鑑賞できます。
見ているうちに段々自分が弾いている気分になってきちゃって、ちょっと楽しいです。

こんな感じで一風変わった動画を上げてくれているところがまた良いです。
面白くて見てしまいます。
彼女自体がユーモアあふれる人なのだなと思います。

実は2014年に来日されていたみたいで、その時は見ることはできませんでしたが、いつの日かまた来日してくれたら、ぜひ生で演奏を聴きたいピアニストです。
存在を知れて本当によかった!!

夏が来た。

夏という言葉がぴったりくるクラシック音楽というのは、結構多い。

水辺が恋しいことから、ヘンデルの水上の音楽なんかも夏らしい。
マーラーの交響曲第三番は、最近、「夏の交響曲」という副題がつけられている演奏会が多くなった。

確かに、この交響曲は「夏」を意識したものではある。
マーラーといえば、交響曲第一番「巨人」も夏っぽいエネルギッシュな曲だ。

後は、ディーリアスの「夏の庭園で」も読んで字の如くだし、リヒャルト・シュトラウスのアルプス交響曲なども夏っぽい。
グローフェの組曲「グランド・キャニオン」も夏であろう。

そういえば、アルプス交響曲の様に嵐の描写があるものは、他にもあって、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」とか、ロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲とかがその代表的なものであろう。

後は、直接夏を描いたわけではないのだが、ドビュッシーが葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」からインスピレーションを得て作曲した交響詩「海」も、夏を感じさせる。

元になっているから当然「夏」なのだが、序曲からして非常に良い作品だ。

さて、ちょっと挙げただけでもこれだけある「夏」の曲であるが、日本のオーケストラの通常の演奏会は夏開かれることが少ない。

クラシック音楽において

普段我々が楽器と認識していなくても意外な物を利用している事があります。

面白いところでいえば、有名なタイプライターを使った曲があり、忙しい現代の生活を、タイプライターを使うことで伝統的なオーケストラと融合されており趣のある曲です。

というようなことになるのですが、現在の生活においてタイプライターなんてものはほとんど使っておらずパソコンですら古いという人がいる世の中ですから、演奏当時はモダンな(今はこの言い方もクラシックに感じる)感じの曲だったのでしょうが、却って今ではクラシック音楽としての位置づけが強くなっているような気はしますね。

さて、もっと有名なのがチャイコフスキーの1812年(序曲)です。
ラ・マルセイユのテーマが使われて、最後のフィナーレで大砲がそのクライマックスを盛り上げる壮大な曲で、よく祝典などに演奏される曲としても有名です。

大砲を使うため楽譜通りに演奏するにはオーケストラだけでは実現できない、その為今では現代の武器が用いられることがしばしばですから野外での軍隊によって演奏されることもしばしばで、日本でも自衛隊が何回か演奏しています。

結構有名な曲なので色々な映画やドラマの場面で用いられますが、個人的には、ある有名な探偵もののトリックにうまく使われてたのを見て関心したことがあります。

他にも、クラシック音楽は意外な楽器?だけではなく演出も凝ったものもあってそれらを知っていると親しみやすくなるかもしれません。

例えば、ハイドンの交響曲第45番「告別」でだんだん演奏している楽団員がいなくなるという演出で、観客席でそれを知っている人はくすくす笑うといったお決まりのパターンです。

もともとは、雇い主に楽団員は故郷に帰りたがってますよってユーモアで主張した曲らしいです。

クラシックのコンサートといえば、特に初心者はほとんど音を出してはいけない咳も我慢しなければいけないなど、緊張してしまうけどこういう曲があると肩の力を抜けるというものです。

初めて彼女の演奏を見た時、あまりの演奏の素晴らしさに感動して、何度も何度も同じ動画を繰り返し見てしまいました。
その曲というのが、ベートーヴェンピアノソナタ〈月光〉です。
すごく有名な曲ですね。

私はクラシック自体たまに聞く程度で、全然詳しくないのですが、そんな私でさえ、彼女の演奏に胸うたれました。

第1楽章の静かでずーんとした音、小指で奏でるメロディラインが引き立っていてとっても美しいです。
じわーっと耳から脳、全身にしみわたる感じで、あっという間に引き込まれてしまいます。

ちなみに、これを演奏した人から言わせると、「すごく難しいよ」だそうです。

とにかく、タイミングが命だと言っていました。
テンポが大揺れする曲なので、確かに指揮者は大変かもしれません。

ネットに上げられている有名な楽団の方々は平然と演奏していますので、聴いている分にはその苦労は分からないものです。

ベートーヴェンといえば、交響曲というイメージがあります。
交響曲は全部で9曲です。
どれも心をつかんで離さない、素晴らしい名曲ばかりですね。

もちろん他にもいろいろ作曲しているでしょうが、特にベートーヴェンが交響曲では第9番を最後にしたということで、後の作曲家に少なからずの影響を与えたといわれています。

9番に対するプレッシャーでなかなか作曲できない作曲家がいたり、第9番を作曲すると亡くなってしまう等いろいろあるようです。
その話にどのくらい信憑性があるかわかりませんが、とにかくベートーヴェンの交響曲には重みがあるということでしょう。

奇数偶数の曲の違いは?

ベートーヴェンの交響曲の1から9番までを比較すると、奇数偶数である程度違いがあるような印象を受けます。

あくまで個人的な聴き方なんですが、CDで聴く頻度がその番号によってかなり違いが出てきます。順番的には9>5>3>7>6>1>?で圧倒的に9,5,3で奇数の方が聴く頻度が多くなっています。

偶数番号は、第6の田園以外ほとんど聴かないというのは奇数番と偶数番で趣が違い、奇数番の方が私の趣味に合うからでしょう。

もっとも、ベートーヴェンが意識してそのようにしたかどうかは分かりません。
ネットには、5と6は最初は逆だったという記述を見かけましたから、全く根拠はないのかもしれません。

個人的に奇数番号の中でも第9及び5番、さらに9番は3楽章以外、5番の4楽章は特に好きな部類に入ります。

さて奇数番号以外では、第6番しかほとんど聴きませんが、これは子供の頃、学校の音楽鑑賞で聴いて覚えたからに他なりません。
もしここで聴いていなかったら、今でも奇数番だけしか聴いていなかったでしょう。

特に、あの有名なのどかなテーマも好きじゃないですし、ベートーヴェンの曲って好きな曲と好きでもない曲がはっきりします。
これは自分だけかもしれませんが他には、あなたはどうでしょうか?

もちろん他の作曲家でも曲によって、好き嫌いがあります。
これはクラシック音楽全般(ポピュラー音楽は言うまでもない)でも同じですが、ベートーヴェンの曲は特にそうです。
個人的に、女性に人気であろう「エリーゼのために」なんかはその代表例です。

クラシックのコンサートって何が起こるかわからない。

偶発的事故ではなくて、演出上で面白かったのは、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで演奏されたポルカ「狩り」だ。

最後のライフルが発射されたところ、天井に命中し、天井から豚のぬいぐるみがワイヤーを通じてゆっくりと落ちてきたというもの。

そもそも、ウィーンでは年末年始にブタはブタの顔のケーキとかブタの顔の帽子とかブタの人形とかという形でブタを縁起物としてあちこちで見られる。
だから、これには観客も大喜び。
非常にうまい演出であった。

最後はヘルベルト・フォン・カラヤンの日本公演から。鳴りやまない拍手に何度も答えていたが、キリがないので、最後はコートを着て、ステージに立ったというもの。カラヤンらしい演出であった。
クラシック音楽はこれだから面白い。

ドヴォルザークと言えば、交響曲第9番「新世界より」「ユモレスク」を思い出す方が多いと思います。

タイトルは知らなくても、「新世界より」の4楽章の冒頭部分は誰もが「ああ!知ってる!」と言えるメロディーでしょうし、2楽章も「遠き山に日は落ちて」のメロディーだと分かれば、やはり「知ってる!」と言えると思います。

オーケストラの演目として「新世界より」の人気が高いのも、観客にとって馴染み深い曲であると同時に、曲の難易度としては低い方だからだと思います。
チューバとイングリッシュホルンという、オーケストラではマイナーな楽器が必要ですが、超絶技巧が必要な曲ではありませんしね。

個人的に好きなのは交響曲第7番です。
何かのCMに使われていた、とかは全くないのですが、知る人ぞ知るドヴォルザークの名作だと私は思っております。

最初はものものしく始まりますが、チェロ部隊が次第に盛り上がげていき、主題部に突入します。
その後クラリネットとホルンの穏やかな旋律が響きます。
重厚な感じと、穏やかさの両方が楽しめます。

第3楽章もおすすめです。
ファゴットとチェロが目立ちます。
普段はバイオリンやフルート・オーボエといった高音楽器に隠れてしまっている両者ですが、ここぞとばかりに主題を演奏しています。

ドヴォルザークは低音楽器にも見せ場を作ってくれているので、低音楽器が好きな人や演奏者にとってはオイシイ曲です。

交響曲ってやはり華やかな第4楽章が取り上げられがちですが、その他の楽章だってすばらしいですし、各楽器に見せ場があります。

私はこの第7番に限っては、1楽章と3楽章が好きです。
マニアックすぎて理解してもらえないかもしれませんが・・・。