クラシック音楽において

普段我々が楽器と認識していなくても意外な物を利用している事があります。

面白いところでいえば、有名なタイプライターを使った曲があり、忙しい現代の生活を、タイプライターを使うことで伝統的なオーケストラと融合されており趣のある曲です。

というようなことになるのですが、現在の生活においてタイプライターなんてものはほとんど使っておらずパソコンですら古いという人がいる世の中ですから、演奏当時はモダンな(今はこの言い方もクラシックに感じる)感じの曲だったのでしょうが、却って今ではクラシック音楽としての位置づけが強くなっているような気はしますね。

さて、もっと有名なのがチャイコフスキーの1812年(序曲)です。
ラ・マルセイユのテーマが使われて、最後のフィナーレで大砲がそのクライマックスを盛り上げる壮大な曲で、よく祝典などに演奏される曲としても有名です。

大砲を使うため楽譜通りに演奏するにはオーケストラだけでは実現できない、その為今では現代の武器が用いられることがしばしばですから野外での軍隊によって演奏されることもしばしばで、日本でも自衛隊が何回か演奏しています。

結構有名な曲なので色々な映画やドラマの場面で用いられますが、個人的には、ある有名な探偵もののトリックにうまく使われてたのを見て関心したことがあります。

他にも、クラシック音楽は意外な楽器?だけではなく演出も凝ったものもあってそれらを知っていると親しみやすくなるかもしれません。

例えば、ハイドンの交響曲第45番「告別」でだんだん演奏している楽団員がいなくなるという演出で、観客席でそれを知っている人はくすくす笑うといったお決まりのパターンです。

もともとは、雇い主に楽団員は故郷に帰りたがってますよってユーモアで主張した曲らしいです。

クラシックのコンサートといえば、特に初心者はほとんど音を出してはいけない咳も我慢しなければいけないなど、緊張してしまうけどこういう曲があると肩の力を抜けるというものです。

初めて彼女の演奏を見た時、あまりの演奏の素晴らしさに感動して、何度も何度も同じ動画を繰り返し見てしまいました。
その曲というのが、ベートーヴェンピアノソナタ〈月光〉です。
すごく有名な曲ですね。

私はクラシック自体たまに聞く程度で、全然詳しくないのですが、そんな私でさえ、彼女の演奏に胸うたれました。

第1楽章の静かでずーんとした音、小指で奏でるメロディラインが引き立っていてとっても美しいです。
じわーっと耳から脳、全身にしみわたる感じで、あっという間に引き込まれてしまいます。